• 金. 9月 24th, 2021

転職したら給料は下がる?転職先の企業と上手に給与交渉する方法

より良い待遇を求めて転職を目指す人もいますが、実は転職によって給料が下がる場合もあります。せっかく苦労して転職したのに前の企業の方が給料が高い場合、モチベーションに影響する可能性もあります。
転職先の企業と上手に給与交渉する方法を紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。
まず転職したら給料は下がるかについてですが、転職の希望者に問題があるかもしれません。仕事の内容や社会的な役割ではなく、とにかく働くことを重視して企業を選ぶと損をする場合もあります。
今の仕事が厳しいため楽な環境で働きたい、という目的で転職活動を始める人もいます。確かに自分の条件に合った仕事であれば、給料が下がっても良いと考える人もいるかもしれません。
しかし給料が下がることで光熱費や通信料などの支払いが厳しくなり、生活の質まで下がってしまう可能性もあります。また何度も転職を繰り返してキャリアが積めないため、いつまで経っても給料が安いままという場合もあります。
関連性のある転職については、回数がある程度多くても不利とはならないという意見もあります。しかし給料などの待遇はキャリアに応じて決まるため、仕事を変えるためにリセットされてしまうのです。
そこで重要となるのが、転職先の企業と上手に給与交渉する方法です。交渉次第では転職後も高い給料からキャリアを形成できるため、給与交渉が可能であれば妥協する必要がありません。
面接を終えて内定をもらった後をおすすめします。まだ内定が決まっていないタイミングでこちらが有利となる要求をすると、図々しく思われてしまう場合もあるためです。
内定が決まってからでも遅くはないため、まずは面接や筆記試験を頑張ってください。是非ともうちに来て欲しいと企業側からオファーがあれば、それだけでこちら側がある程度有利となります。
その後担当者に連絡を入れて、面談をセッティングしてもらいましょう。きちんとアポイントを取り付けて直接交渉し、明確な意思を伝えてください。
転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、交渉に関する指導を受けられる場合もあります。仕事に対して熱意があり期待以上のパフォーマンスを発揮するとアピールすれば、担当者も納得してくれるかもしれません。
給料が下がってしまうことはある程度覚悟して、将来自分が活躍できるかどうかを思い描いてください。そして給与交渉を行う際は企業に対して一方的にならず、担当者の立場も最低限考慮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。