• 金. 9月 24th, 2021

転職前にチェックしたい転職のメリットやデメリットを解説します

目的を持って転職活動をするつもりの人は、メリットとデメリットについてチェックすることが大切です。転職には良い面もありますが反対に悪い面もあるため、2つをバランス良く考えるようにしてください。では転職にはどのようなメリットとデメリットがあるのか、一緒に見ていきましょう。
転職のメリットですが、待遇面の向上が期待できることです。そもそも転職する理由の1つに、今現在の待遇に不満があることが挙げられます。
給料が安く評価に不満がある、残業が多く上司が使えない、などの不満を持つ人もいます。今現在の環境に不満があれば、転職によって改善される場合もあります。
人事評価をリセットできるというメリットもあります。いい加減な評価が横行するブラック企業では場合上司が自分自身の立場を守るために、優秀な部下を評価しないという場合もあります。
そのような企業で働き続けても部下は評価されず、意地悪な上司だけが得をするでしょう。不満があればきちんと評価してくれる企業がないか、転職活動によって探すことをおすすめします。
新しい環境で仕事を始めることが良い刺激となり、今までの嫌な気持ちがスッキリできるかもしれません。人間関係の問題で退職したとしても、内定後にまた新しい人間関係を構築すれば良いのです。
転職のデメリットですが、退職金や企業年金において不利となることです。退職金や企業年金の多さは、勤続年数の多いに比例するためです。転職をするとそれが一度リセットされてしまうため、年齢が高い人はよく考えた方が良いです。
また場合によっては社会的信用が低下するおそれがあります。自動車や新築のためにローンを組む場合、審査において不利となる可能性があります。ローンの審査では勤続年数が大きなポイントとなるためです。
最低勤続年数というものが存在し、一般的には2年から3年ほどと言われています。それに満たなければ門前払いとなる場合もあり、人生のプランに影響してしまうかもしれません。
人見知りが激しい人は、転職後の環境に慣れるまでに時間がかかることもあります。未経験の状態で転職した場合は戦力として役立つまでに時間がかかり、プレッシャーを感じてしまう可能性もあります。
以上の通り様々なメリットとデメリットがあるため、よく理解した上で自分は何をすべきかを考えるようにしてください。どちらかだけにとらわれるのではなく、どちらともバランス良く理解して有意義な転職活動を続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。