• 土. 9月 18th, 2021

転職するのに良い時期やタイミングはあるの?退職の流れも解説

既に働いている人が転職する理由には様々なものがあり、タイミングも異なります。転職するのに良い時期やタイミングがあることを、あなたは考えたことがありますか。新しい仕事を始めるために退職する場合、決まった流れも存在するため解説します。
転職するのに良い時期やタイミングについてですが、絶対的に決まっているわけではありません。何故退職するかは人それぞれであり、今の職場に不満がありすぐに辞めたいと考える人もいます。
辞めたいと思うとき、つまり転職したいときが良いでしょう。しかし一般的な企業の事業年度を考えると、採用活動は2月から3月にかけて活発的になると言われています。
新年度を迎える4月になると、企業は社内体制を整えるためです。人材を確保したい企業は、4月になる前を狙うのです。それは転職希望者にとってもチャンスであり、通常では公開されない情報が公開される場合もあります。
さらに10月には上半期がスタートするため、採用活動は8月から9月にかけても活発的になると言われています。転職を考えている人は2月から3月、8月から9月を狙ってみてください。
ただし応募者の数が増加しやすいため、それ以外の時期を狙っても良いです。転職のための対策があることが重要となります。
退職の流れですが、職場の上司に伝えるタイミングが重要です。仕事の引き続きなどもあるため、いきなり退職しても上司やその他のスタッフが困ってしまう場合もあります。
法的には退職届提出後2週間で辞めることが可能です。しかし退職を決めたのであれば、余裕を持って行動することが重要です。退職することを決めて転職活動を始め、内定をもらってから上司に伝える場合を考えてみてください。
すべてがスムーズに進んだとして、2ヶ月から3ヶ月程度かかるでしょう。内定が出てから伝えた方が確実かもしれません。しかし余裕を持って伝えたい場合、転職活動をスタートさせた時点で伝えても良いでしょう。
転職活動をスタートさせただけでは、内定が決まったわけではありません。もし内定をもらったら転職のために退職することをあらかじめ伝えておくと、トラブルを回避できる場合もあります。
転職の時期やタイミングは自分や職場の人たちの都合を考えればいつでも良いですが、新年度や下半期が始まる前がチャンスだと思ってください。トラブルなく退職するためには早めに伝えることが重要であり、いきなり辞めてから転職しないように注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。